カープ公認のドア用装置、地元企業のリョービが商品化

広島県内のホームセンターで1日から1000台限定発売

  • 0
  • 0
色はもちろんレッド
 リョービは広島東洋カープの球団ロゴを使ったドアクローザ(自動閉鎖装置)「カープ ドアマン」(写真)を8月1日に発売する。チームカラーの赤色を採用した。オープン価格だが、店頭で5000―6000円程度になる見込み。広島県内のホームセンターで1000台限定で発売する。

 ドアマンは取り付けの簡単さとデザインの良さが支持され、1981年の発売以来約950万台を販売したロングセラー商品。子供や高齢者でも無理なくドアの開閉ができる。今回の商品は「地元企業として、優勝に向け、プロ野球の後半戦を応援する目的で商品化した」(リョービ)。カープファンへのプレゼント用としても提案する。

日刊工業新聞2015年07月31日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

商品名が「クローザ」なだけに、歴代守護神の名前や背番号を入れるアイデアも有りだったのではと思ってしまう。

関連する記事はこちら

特集