お仕事するパパ、ママに会いに行こう!

協和発酵キリンが夏休みならではの「子ども参観日」

花井社長
 「社長って、怖い?」と笑いかけるのは、協和発酵キリン社長の花井陳雄さん。社員の息子や娘が親の職場を訪問する「子ども参観日」を開催した。

 「(子どもが親の仕事ぶりを目にすると)家にいるときより輝いて見えるよ」と、父母たちの頼もしさに太鼓判。親子でテレビ会議などを体験した。

 ”パパはどうして帰りが遅いの?“と質問された際は、「薬や、薬を届ける仕組みをつくるときに、必ず終わらせないといけない仕事が出るときがあるんだ」。親の使命を知ってもらい、家族の絆が強まることを願う。

日刊工業新聞2015年07月31日 素材・ヘルスケア・環境面

COMMENT

神崎明子
デジタルメディア局
編集委員

民間企業だけでなく中央省庁でも最近は、夏休み中の子供が親の職場を訪ねる「子ども霞が関見学デー」が恒例行事となりつつあります。こんな時に同僚の普段とは異なる「親の表情」を垣間見るのもいいものです。ああこんな家族に支えられているんだなあと。

キーワード
花井陳雄

関連する記事はこちら

特集