環境省、ミドリガメ輸入禁止へ…野生化し大量繁殖

  • 0
  • 0
 環境省は29日、ペットとして人気が高い外来種のミドリガメ(アカミミガメ)について、輸入禁止や飼育に関する規制を段階的に導入する方針を明らかにした。川や池などに捨てられて繁殖し、各地で生態系を脅かしていることを踏まえた。北村茂男環境副大臣が同日、名古屋市で記者団に「2020年の実施をめどに検討していく」と表明した。

 ミドリガメは寿命が30―40年と長く、大きく成長することなどから、飼えなくなって捨てられるケースが続出。野生化して大量に繁殖し、固有種のニホンイシガメの食べ物や生息場所を奪うなど、国内の生態系や農作物に悪影響を及ぼし問題になっている。

日刊工業新聞2015年07月30日 総合2面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

露店で売られていたり、飼っている家も多いであろうミドリガメが輸入禁止に。今飼っている方々はくれぐれも川に放したり脱走したりしないようご注意ください。

関連する記事はこちら

特集