JAXAや製薬大手が注目、人の能力を拡張するサイボーグ実用化へ

メルティンMMI、大日本住友製薬などから資金調達

 人の意思通りに機械が動く「サイボーグ技術」の実用化が近づいてきた。大日本住友製薬とSBIインベストメント、第一生命保険は、同技術を活用したアバターロボット「メルタント」を開発するメルティンMMI(東京都新宿区)に合計20億2000万円を出資した。メルティンは宇宙航空研究開発機構(JAXA)や全日空の宇宙プログラム「アバターX」にも参画。2020年にアバターロボの実用量産モデルの完成を目指す。

 現在、ロボット開発の潮流として、人工知能(AI)を搭載し、自ら考えるロボットが急速に進化している。これに対し、メルティンの粕谷昌宏社長は「人の高度な判断が必要な場所は必ず残る」と話す。火災や災害現場、過酷な労働環境、宇宙、海洋などで、人の意思通りに遠隔操作で動くロボットのニーズがあるとにらむ。

 關達也取締役は、「火災現場でガスのバルブを閉めるだけで、被害拡大を防げることもある。だが、これは意外とロボットには難しい」と説明。同社のロボット技術は“手”に強みがあり、ワイヤー駆動により繊細で複雑な動きとパワフルさを両立し、人の代わりに働ける可能性がある。一番難しいレベルでは、卵を割ることや、ペットボトルのフタを開けることもできるという。

 17日に都内で行われたデモンストレーションで、アバターロボの現行機「メルタント-α」は、操作者の体の動きに合わせて、あまり遅延を感じさせずに動いていた。操作者は手や腕に加速度センサーなどを搭載した器具を装着し、集めた動きの情報をクラウドネットワーク上に送り、クラウド経由でメルタント-αを動かす。粕谷社長は「情報の圧縮処理などを行い、遅延しにくいように最適化している」と説明する。

 メルタントの手にも圧力や質感のセンサーを付けている。センサー情報は操作者にフィードバックされ、例えば、卵を割る時に、適切な強さで力をかけられる。ざらざらなどの質感もわかる。

 19年にはメルタント-αを改良した「メルタント-β」を導入先企業の現場で試験運用する計画。20年に量産機を完成させ、21年に本格的に市場投入する。

 アバターロボが普及すれば、過酷な労働環境の危険性や労働のあり方が変わる。第一生命保険が出資したのも、これが理由の一つと見られる。また、メルティンはサイボーグ技術を活用した医療機器の開発も行っている。

 アバターロボの遠隔操作によって空間的な制約をなくすだけでなく、「サイボーグ技術で身体的な制約を突破したい」と粕谷社長は話す。同社はロボットの開発に並行し、生体信号処理を研究している。神経を通して体を動かしたり、五感を脳に伝える電気信号を取得し、意味を解析してロボットを動かす。

 これまでの実験で、右手を失った人がサイボーグの義手をつけて物をつかむという動作などを行った。自分の両手に加え、3本目の腕としてサイボーグの手を借りられる。現在、生体信号を使って日常生活の9割程度の動作ができるようになった。身体に障害を持つ人が、その機能をロボットで補えるかもしれない。

 粕谷社長は「人が空間や身体の制約を突破し、人間の創造性を最大化したい」と意気込む。

メルタント-αと粕谷社長


メルティンは、複雑でパワフルな手の動きを実現する技術が強み

ニュースイッチオリジナル

梶原 洵子

梶原 洵子
10月19日
この記事のファシリテーター

メルティンMMIのアバターロボットは、あくまで判断は人。AIロボには興味がないとのことでした。ただ、ロボットメーカーなどに部品としてロボットハンドの販売を考えていくそうです。将来、いろいろな現場で、人の意思で動くアバターロボットとAIロボットが連携して働くことも考えられるのではないかと思います。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。