「三代目」丸の内線、初心忘れず

新型車両「2000系」、車体にサインウェーブ

 東京メトロは11日、2019年2月に運行を開始する丸ノ内線の新型車両「2000系」を報道陣に公開した。初代丸ノ内線「300形」を思わせる赤い車体にサインウェーブを配した外観で各車両の端には円窓を配置。車両先頭は黒色とし、前面のガラスに丸みを持たせた。全53編成318両を、日本車両製造で製作し、22年度までに現行車両「02系」を置き換える。

 丸ノ内線は1日135万人が利用する東京の主要路線で、2000系は開業以来3代目の車両。予防保全の実現を見据え常時状態監視に対応した新型の車両情報管理装置を搭載し、輸送障害の削減や保守作業の効率化を狙う。停電時に最寄り駅まで走行できる非常用蓄電池も備えた。車両部設計課の荻野智久課長は「毎日の通勤が少しでも快適になるような車両」と紹介した。

日刊工業新聞2018年10月12日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。