あなたの人脈が“冬眠”しているかも?

Sansanが年間の経済損失額を調査

  • 0
  • 1
交換された名刺の半数以上が活用されていないことが判明した
 「冬眠人脈」による経済損失は年間約120億円―。Sansan(東京都渋谷区、寺田親弘社長)は、名刺交換後に社内で共有されず活用されていない人脈である「冬眠人脈」調査を発表した。それによると、1人当たりの名刺交換枚数は年間平均105・9枚に対し、41・3枚の生産性しか発揮できておらず、約61%が「冬眠人脈」となっていることがわかった。

 国内では年間約22億枚の名刺が流通し、名刺1枚当たりの売り上げ価値は約74万円とした。常用雇用100人以上の企業では、「冬眠人脈」により年間平均約120億円の経済機会の損失が生じていると推計した。

 損失規模が大きい業界をみると、「製造業」「卸売業・小売業」「医療・福祉」の順となった。常用雇用100人以上に絞ると、「情報通信業」の損失が最も大きい。企業1社当たりでは「製造業」「情報通信業」「生活関連サービス業」の順となった。

日刊工業新聞2018年10月10日

COMMENT

国広伽奈子
編集局第一産業部
記者

一度交換しただけの名刺が他の人にとってはありがたい情報かも。人脈や情報交換の機会に注目が集まる中で、名刺の見方も少し変わるかもしれません。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる