日刊工業新聞、SDGsで国連とパートナーシップ

SDGメディア・コンパクトに参加

 日刊工業新聞社はSDGsの取り組みで国連と協力する。国連の呼びかけで23日に発足した「SDG Media Compact(SDGメディア・コンパクト)」に参加した。創設メンバーとして10カ国以上からメディア企業など計30社・団体以上が参加し、日本からは日刊工業新聞を含め3社が加わった。
 
 同日、国連総会が開かれている米ニューヨーク国連本部で、グテーレス事務総長などが出席して創設が発表された。参加メディアは国連とのコンテンツパートナーシップを築き、SDGsに関連する報道に努める。

 日刊工業新聞はSDGsが採択された15年9月25日付の紙面1ページを使って報道して以来、事業活動や研究開発、イノベーションの視点からSDGsの取材、報道を続けている。企業事例を紹介する「SDGsとビジネス」を34回連載するなど、採択からの3年間で250本以上の関連記事を掲載してきた。
 
国連によるメディアコンパクト発表ページ

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

国連とパートナーシップを結んだことを知らせると読者の方にも喜んでもらえました。これからも企業の持続可能性につながる取材に努めていきたいです。

関連する記事はこちら

特集