コンビニに押し寄せるプラスチック削減の波

ファミマで一部容器を共通化

  • 1
  • 16
容器の品目数が増え、使わずに廃棄する容器が増える傾向にあった
 ファミリーマートは弁当などに使うプラスチック容器などの種類を減らす。複数の商品の容器を共通化することで、容器の品目数を削減する。従来200弱あった容器の種類を、1年間で約3割減らした。今後もさらなる削減を見込み、容器の廃棄量の削減につなげる。環境負荷を軽減するとともに、コストの削減に結びつける狙いだ。

 ファミマはこれまで新商品を出す際、容器も新たに開発する場合が多かった。このため容器の品目数が増え、生産や流通の段階で、在庫扱いになったり、廃棄したりする容器が増える傾向にあった。弁当では、丼ものやスパゲティなどのカテゴリーで、複数の商品で共通の容器を使えるよう工夫し、容器の品目数を減らした。

 店舗においても、レジ袋や割り箸、スプーンといった用度品の数を削減した。2017年3月から着手し、18年5月末には従来より約90品目少ない約350品目に減らしている。

 6月からは、ファストフード向けの包材や、トマトケチャップやソースなどの種類の集約にも取り組んでいる。品目を絞ることで、店舗作業の効率化につながるメリットもある。

 外食業界では、プラスチック製ストローの提供を止める動きが相次いでいる。「脱プラスチック」を進めようとの機運が高まる中、コンビニエンスストアにおいても、環境対策が課題となっている。

日刊工業新聞2018年9月12日

COMMENT

国広伽奈子
デジタルメディア局
記者

新商品の字を見るとつい手が伸びてしまいますが、容器まで新しくしているとは知りませんでした。プラスチック削減の推進でこれからの生活がどのように変わるのか気になります。

関連する記事はこちら

特集