自治体のスポーツ誘致、その経済効果は?さいたま市は3年半で234億円!

市長「想定以上の効果」

  • 0
  • 1
今年の全国高校サッカーの決勝は埼玉スタジアムで開催された
 さいたま市は16日、スポーツの誘致を通して観光振興と地域経済の活性化を目的とした「さいたまスポーツコミッション」(SSC)で約234億円の経済効果があったと発表した。
 
 経済効果額はSSC設立から2015年3月までの3年6カ月の間に誘致・支援したスポーツイベントのみを対象に算出している。そのため「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」など主催、共催事業の経済効果額を付加すると総額約293億円にのぼる。誘致・支援件数では116件、関連参加者の総数は約65万人となる。

 会見で清水勇人さいたま市長は「市ではSSCを成長戦略として位置づけており、短期間で想定以上の経済波及効果をもたらした」と手応えを示した。

 同市は、平日開催やサイクリングなど施設に頼らないアウトドア型のスポーツ誘致も視野に、さらなる経済効果を狙う。

COMMENT

斉藤陽一
編集局第一産業部
デスク

誘致・支援件数は116件とあるので、1件当たりの経済効果は単純計算で約2億円。「単価」として多いのか少ないのか、いまいちピンと来ません。

関連する記事はこちら

特集