テレビ通販最大手の物流センターってどうなっているの?

ジュピターショップチャンネル、翌日発送が原則

  • 1
  • 1
ハイテクのカートが活躍する倉庫内
 ジュピターショップチャンネル(東京都中央区、田中惠次社長)は、国内最大手のテレビ通販事業者。通販番組を24時間生放送し、1週間に500アイテムを紹介する。受注商品は、翌日発送が原則。“早く確実に”をモットーに、顧客の元へ商品を届ける。

 「商品力と番組力に加えて、“オペレーション力”が欠かせない」―。ジュピターショップチャンネルの美藤豊茂ロジスティックオペレーション部長は、通販事業についてこう説明する。「顧客が自宅で商品を受け取るまでが我々の仕事」(美藤部長)と、物流の重要性を説く。そんな同社の物流網を支えるのが、茜浜物流センター(千葉県習志野市)だ。

 同センターは、1日に3万8000箱を出荷する同社最大の物流拠点。服飾品や雑貨、アクセサリーといった商品をここから全国に配送する。センターには平均370万個の商品を保管し、多品種少量での在庫管理が強み。商品数が多い分、購入客は一度に複数アイテムを注文することが多い。このため、顧客の注文したアイテムを素早く仕分けて発送することが必要となる。そこで重要な役割を果たすのが、センター内を動き回る「ハイテクピッキングカート」だ。

 作業者は、カートに設置したタブレット端末の指示に従って、顧客ごとに異なる商品をピッキングできる。商品を一つひとつスキャンしてカートに入れる仕組みで、間違っている場合はブザーと赤いランプで通知する。カート1台で最大30人分の商品を仕分けられる。ピッキングと仕分けを同時に実施できるため、効率良く作業できる。

日刊工業新聞2018年8月1日

COMMENT

 同社はテレビ通販のほか、電子商取引(EC)販売にも力を入れており、今後も商品数は増える一方だ。将来的には「緩衝材を入れる作業などを、ロボットで代替して、省人化を図りたい」と美藤部長。24時間稼働する「眠らない物流センター」での効率化に向け、改善活動を続ける。 (日刊工業新聞・大城蕗子)

関連する記事はこちら

特集