富士ゼロックス・玉井社長「当社単体で成長可能」

米ゼロックスとの統合問題めぐり

  • 1
  • 2
玉井光一社長
 富士ゼロックスの玉井光一社長は5日、日刊工業新聞社の取材に応じ、富士フイルムホールディングス(HD)による米ゼロックスの買収計画が仮に白紙になった場合でも「当社単体で成長は可能」と述べた。当初はゼロックスと統合した上で成長を目指すシナリオだったが、現在は買収計画が事実上停滞している。ただ、富士ゼロックスは成長市場のアジアを既に押さえているため、単独での成長シナリオも可能と判断しているとみられる。

 また、アジア進出を宣言したゼロックスへの対抗措置として、富士フイルムHDが欧州進出を表明したことについては「株主同士のやりとりであり、申し上げる立場にはない」と言及を避けた。

COMMENT

梶原洵子
編集局第二産業部
記者

米ゼロックスとの統合問題は大きなことですが、富士ゼロックスとしてはコメントしにくいのだと思います、単体では、中国や東南アジアの戦略や、働き方改革に伴うビジネスチャンスへの取り組みについてどう語ったのか気になるところです。

キーワード
富士ゼロックス

関連する記事はこちら

特集