JALのダッフィー独別塗装機がフライト!ミッキーは何処かに?

9月まで4機を運行。「ダッフィーバス」も登場

  • 0
  • 0
羽田を離陸し松山へ向かうJALハッピージャーニーエクスプレス初号機
 日本航空(JAL)は7月14日、特別塗装機「JALハッピージャーニーエクスプレス」を国内線に就航させた。機材はボーイング737-800型機。14日に就航した初号機を含む計4機を、国内線で2016年4月中旬まで運航を予定している。路線や便は固定せず、運航前日の夕方に路線や便をJALのウェブサイトで公表する。

 初便となった羽田発松山行きJL435便の運航乗務員と客室乗務員は、「ダッフィーバス」に乗って羽田空港国内線第1ターミナルの4番スポットに到着。搭乗橋横の階段から機体に乗り込んだ。

 乗客97人と乗員6人を乗せ、定刻より4分早い午後0時56分に羽田を出発し、午後2時14分に着いた。東京ディズニーシーで開催中の「ジャーニー・ウィズ・ダッフィー」とのタイアップで、機内はシートのヘッドレストカバーにオリジナルのものを使用。子どもにはA5判のオリジナルクリアファイルを配る。ポストカードラックには「JALハッピージャーニーエクスプレス」の絵はがきを用意する。

 JALでは今後、22日に2機目、8月1日に3機目、9月に4機目(機体は未定)の特別塗装機を就航させる予定。4機の737-800のデザインはすべて同じで、機体後部にダッフィーを描いたデカールが貼られている。

 JALグループは、2001年9月の東京ディズニーシー開園以来、オフィシャルスポンサーを務めている。これまでに1994年と2001年、2013年にディズニーにちなんだ特別塗装機を就航させている。

 ジャーニー・ウィズ・ダッフィーは、ダッフィーの東京ディズニーシー登場10周年を祝うプログラムで、園内をリボンやフラッグでデコレーションする。開催は7月3日から2016年3月18日まで。

 ダッフィーは、ミニーがミッキーにプレゼントしたテディベア。ミッキーは世界中を旅するとき、ダッフィーを常に連れて行く。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

JALがディズニーキャラクター「ダッフィー」の特別塗装機。近年はコスト削減などの関係で、塗装ではなくデカールによる特別塗装が主流になっています。

関連する記事はこちら

特集