「軍艦島」がこれ以上壊れませんように・・・IoTで見守り

東大発ベンチャーの技術もとに開発

 三井住友建設は世界文化遺産に登録されている長崎市端島(通称「軍艦島」)内の30号棟(写真)に、ワイヤレス振動センサーによるヘルスモニタリングシステムを設置、実証運用を始めた。30号棟は1916年に築造した日本最古の高層鉄筋コンクリート造建築物。補修による保存が難しいため、高感度な振動センサー(加速度計)を使って微細な揺れを常時監視し、倒壊など建物の異常を検知する。

 このシステムは東京大学発ベンチャーのソナス(東京都渋谷区)の「マルチホップネットワーク」をもとに構造物の計測用として共同開発した。振動センサーには無線で離れた場所から常時監視が可能なシステムを適用し、異常発生時は警報を発する。

 三井住友建設は今後、設置した構造物から得たデータを分析し、損傷を判定できるよう開発を重ねる。

(2018年6月29日 建設面)

梶原 洵子

梶原 洵子
06月30日
この記事のファシリテーター

他の歴史的建造物などにも応用できるのか気になります。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。