ブリヂストンがスマートファクトリーへ、製造にデータ解析反映

 ブリヂストンは26日、スマートファクトリー構想を発表した。商品戦略から顧客の製品使用状況などの情報を独自のICT(情報通信技術)/IoT(モノのインターネット)技術によるデータの解析などを通じ、各製造工程に反映し、効率的に高品質なタイヤの生産や提供につなげる。

 構想の基盤となる同社の独自ICTとして、膨大なデータの解析を手がける「ブリヂストン・インテリジェント・オフィス(BIO)」と、生産システムを制御する人工知能(AI)を載せた「ブリヂストン・インテリジェント・デバイス(BID)」を生かす。

 BIOやBIDを活用し、仮想工場を生かして装置故障の兆候を事前に検知できるようにするほか、熟練作業のデータ化によって効率的な製造ノウハウの伝承などを図る。

日刊工業新聞2018年6月27日

松井 里奈

松井 里奈
06月28日
この記事のファシリテーター

ブリヂストンは、日刊工業新聞社の顕彰事業「第一回スマートファクトリーAWARD2018」の受賞企業に選ばれている。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。