解体進む、沖縄の経済成長を支えたランドマーク

 沖縄電力は牧港火力発電所(沖縄県浦添市)で廃止した5-8号機の集合煙突(写真左)の解体を進めている。高さ160メートルで発電設備4機の独立した煙突をまとめた構造。上部から解体し、11月をめどに完了を予定する。

 5-8号機は1970年から74年にかけて運転をスタート。集合煙突は本土復帰と同社設立から2年後、74年5月15日に運用を始めた。4機合計34万キロワットの出力で、沖縄の経済成長を電力供給で支えた。

 81年からは9号機の煙突(写真右)とともに並ぶランドマークだった。発電設備のあった建屋も解体中。跡地の利用は未定という。

日刊工業新聞2018年6月6日

三苫 能徳

三苫 能徳
06月07日
この記事のファシリテーター

牧港火力は大手電力では珍しく、本店のすぐ隣にある発電所です。写真の奥に写るのは、開通したばかりの西海岸道路。次々に建物や構造物が完成し、新たなランドマークが生まれている沖縄で、消えゆくものもあります。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。