中核4事業とも能力増強へ。旭化成せんいの最新事情に迫る

特に「レオナ繊維」はエアバック向けに加えタイヤコードも回復。早くも次の増強が課題に

  • 0
  • 0
紙おむつ向けの需要が伸びているロイカの原糸
 旭化成せんいは、コアである4事業が揃ってフル生産を続けており生産力強化を加速している。2015年3月期においても売上高1307億円、営業利益105億円と3期連続で増収増益を達成。とくに、営業利益は3年間で3倍以上になった。キュプラ繊維は昨年6月に増設が完工、今年後半から来年前半にかけて残りのレオナ繊維(ナイロン66)、スパンボンド、スパンデックスでも増設分の完工が予定されており、事業拡大に弾みが付きそうだ。
 
 レオナ繊維(ナイロン66)は、生産能力を年産3000トン増の年産3万3000トンまで拡大を決定、2016年前半の稼働開始を目指している。キュプラ(ベンベルグ)繊維は40年振りに年産1500トンを増強、年産1万8500トンまで拡大して昨年6月から稼働した。

 一方、不織布事業は旭化成スパンボンド(タイ)=AKSTが今年後半の稼働開始を目指して、ポリプロピレンスパンボンドを年産2万トンから年産4万トンまで増設中。また、AKSTに隣接してスパンデックス「ロイカ」を生産するタイ旭化成スパンデックス=TASも年産3000トン増の年産1万トンまで拡大、2016年前半の稼働開始を予定している。

 とくに、レオナ繊維は、好調なエアバッグ基布向けに加え、苦戦していたタイヤコード向けが2014年以降に需要が改善してフル生産となり収益を押し上げている。今回の年産3000トンの増設は重合のデボトルネックと紡糸機の増設で対応するが、増設後の生産能力はタイヤコード向けが現状維持の年産1万5000トン、エアバッグ基布向けが年産1万8000トンと、エアバッグ基布向けが初めてタイヤコード向けを上廻る。
 
 レオナ繊維はエアバッグ基布向け。キュプラ繊維は大手SPAなどの機能製品向け、インドなど民族衣装向けやベンベルグ長繊維不織布。不織布はオムツ向けや人工皮革。スパンデックスはオムツ資材向けやトリコット、丸編み向けなどが堅調に推移している。4事業ともに増設後もフル生産が続く見込みで、早期に次の生産能力増強が検討課題に挙がりそうだ。
(文=峯岸研一)
                                 

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

峯岸研一
フリーランス

 旭化成は2016年度からの3カ年中期経営計画で成長性と収益性の強化を掲げる。化学・繊維で構成するマテリアル領域はいかに高収益化を図るかがカギだ。次の一手が注目される。

関連する記事はこちら

特集