ソニーの技術が源流、積水化学がリチウムイオン電池の大型投資へ

「19年問題」の解決策として期待される家庭用蓄電池向け

  • 0
  • 26
積水化学のフィルム型LIB
 積水化学工業は2019年10月―20年3月をめどに住宅向け蓄電池システムに使われるフィルム型リチウムイオン電池(LIB)の生産能力を引き上げる。約40億円を投じ、愛知県内に建屋と生産設備を増設。同時に関東の工場に分散していた工程を集約するのと合わせて、全社の生産能力を約1万棟分に高める。

 積水化学の子会社でLIBなどを手がけるエナックスの中部事業所(愛知県常滑市)に新ラインを設ける。積水化学のつくば事業所(茨城県つくば市)が担ってきた工程も中部事業所に移し、一貫生産体制を構築することで生産効率を向上。これに伴い、つくば事業所は車載向けフィルム型LIBの開発体制を充実させる。

 積水化学はフィルム型LIBを京セラの住宅用蓄電システムに搭載し、セキスイハイムが採用している。19年以降には再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)の適用が終わる太陽光発電システム(PV)を搭載した住宅が多く出てくる中で、電気の有効活用を目的に増加が見込める蓄電池の需要を取り込む。

日刊工業新聞2018年5月1日

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

“FIT切れ”が始まる「19年問題」の解決策として期待される家庭用蓄電池。高価で、知名度ほど普及していないのが現状と認識しています。積水化学はソニーの電池技術の流れをくむエナックスを買収し、いよいよ量産に入ります。京セラの実機を見たことありますが、小型でした。セキスイハイム(積水化学)、大和ハウス(エリーパワー)、旧パナホーム(パナソニック)と、ハウスメーカーと蓄電池メーカーの関係ができたので、これから本当に普及するのか注目です。

関連する記事はこちら

特集