楽天が遺伝子解析データで健康管理アドバイス

研究ラボ開設

  • 1
  • 7
三木谷浩史楽天会長兼社長
 楽天は、遺伝子データを活用して個人に適したサービスや販売戦略を研究する機関「楽天技術研究所 遺伝子ラボ」を5月1日に開設する。遺伝子検査サービス大手のジェネシスヘルスケア(東京都渋谷区)が持つ遺伝子解析データを用いて、個人に合わせた健康管理アドバイスなどを提供する。

 遺伝子ラボは楽天グループの研究機関で人工知能(AI)を使ったサービス開発などを手がける楽天技術研究所(東京都世田谷区)内に開設。楽天が培ったAI技術や顧客の需要予測データと、ジェネシスヘルスケアが持つ遺伝子データベースを組み合わせて、健康や医療を中心としたサービス開発を目指す。

日刊工業新聞2018年4月27日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局DX編集部
ニュースイッチ編集長

楽天は米国のがん治療ベンチャーであるアスピリアン・セラピューティクスにも出資しており、医療投資を積極化しています。

関連する記事はこちら

特集