大塚家具「幸せをレイアウト」、新会員制度導入―ブランドビジョン刷新

  • 0
  • 1
 大塚家具は2日、ブランドビジョンを「確かな価値との出会い」から「幸せをレイアウトしよう。」に変え、ロゴも刷新すると発表した。ビジョンを具現化する施策として、全店の改装やリユース事業、ポイント制度やアフターケアなどを拡充した新会員制を実施する。会見した大塚久美子社長(写真左)は「インテリアには、生活を変える力があると思ってもらえる提案をしたい」と意気込んだ。

 4日から8月末まで、購入額に応じて家具を下取りする「のりかえ特割」を始める。大塚社長は家具リユースについて、「国内の家具職人の技術を、塗り替えなどに生かすことで技術継承にも役立つ。中古車のように信頼される市場を作りたい」と述べた。

日刊工業新聞2015年07月03日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

騒動の経験を生かし、家具を通して幸せな家庭づくりをサポートしてほしいものです。

関連する記事はこちら

特集