シャープは液晶でまだまだ頑張る!?シースルー技術を開発

デジタルサイネージ用途などを想定し17年度の実用化目指す

 シャープは、液晶パネルの後ろ側を透けて見せることができる「シースルー液晶ディスプレイ」を開発し、2016年内に用途開拓に向けた実証実験を始める。通常のカラー動画表示に加え、ディスプレーの後ろ側の背景の両方を見せることが可能。画面サイズは60インチ程度まで対応でき、鉄道駅のホーム転落防止柵に使い車両も見える安全用途や、デジタルサイネージ(電子看板)などを想定。17年度にも量産化したい考えだ。

 白色バックライトの光から、色の三原色を表現するために使うカラーフィルターをなくし、一般的な液晶ディスプレーに比べて光の透過率を約5倍の25%以上に高めた。

日刊工業新聞2015年07月01日 電機・電子部品・情報・通信面の記事を一部修正

明 豊

明 豊
07月02日
この記事のファシリテーター

量産時期まで液晶事業を社内で抱えていられるか。

この記事にコメントする

山本 圭太
山本 圭太
07月02日
デジタルサイネージ、どんどん広告が効率的になりそう。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。