需要低迷で「仙台ーグアム」4月から運休

ユナイテッド航空、定期便の継続難しく

 ユナイテッド航空(UAL)は4月1日の運航を最後に、グアム-仙台線を運休する。需要低迷によるもの。同路線は現在、木曜と日曜の週2往復を運航し、ボーイング737-700型機を投入している。同社によると、仙台線は需要が低迷し、定期便を継続するのは厳しいと判断。2017年秋以降の、北朝鮮のミサイル発射計画なども影響したという。

 最終便は、4月1日の仙台発UA182便となる。4月5日以降は運休するものの、5月6日までのゴールデンウィーク期間は、運航を検討する。ゴールデンウイーク以降は運航しない。同路線は1990年7月、運航を開始した。

 

吉川 忠行

吉川 忠行
02月01日
この記事のファシリテーター

ユナイテッド航空のグアム-仙台線、4月1日の運航を最後に運休。需要が低迷したことによるもので、北朝鮮のミサイル発射計画などが影響したようです。

この記事にコメントする

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。