東京メトロと東武の「相互直通運転」4扉7両1編成に統一

16~19年度導入の車両形式や仕様決まる

  • 0
  • 5
東京メトロ13000系の外観
 東京メトロと東武鉄道は2016~19年度にかけて導入する東京メトロ日比谷線と東武スカイツリーラインの相互直通運転車両の形式や仕様などを決定した。

 形式名称は東京メトロが13000系、東武鉄道が70000系。これまで直通車両は3扉車両と5扉車両が混在していたが、新型車両の導入を機に4扉車両に統一する。このほか車両機器や主要設備も仕様の共通化を進める。

 編成は従来の18メートル車両の8両1編成から、20メートル車両の7両1編成となる。共通仕様として曲線走行時のレールと車輪から発する騒音を低減するため、操舵(そうだ)台車を採用するほか、永久磁石同期モーター(PMSM)により、従来車両に比べ駆動系消費電力量を25%程度低減する。各ドアの上部には17インチワイド液晶の車内表示器を3画面搭載する。

COMMENT

高屋優理
編集局第二産業部
その他

3扉車両と5扉車両の混在は、確かに不便だったので、利用者としては、共通化されるのはありがたいことです。相互直通運転が増えているものの、各社の車両が混在している路線も多いので、こうした流れは今後加速するのかなと思います。

関連する記事はこちら

特集