無人の月着陸船、アイスペースが20年末までに2回打ち上げへ

100億円調達、「必要な輸送システムを構築していきたい」(袴田CEO)

 ispace(アイスペース、東京都港区、袴田武史最高経営責任者〈CEO〉)は13日、独自開発した無人の月着陸船を2020年末までに2回打ち上げ、月を目指す計画を発表した。19年末ごろまでに月着陸船を月の周回軌道に投入し軌道上からの月探査を実施し、20年末ごろに着陸させてローバーで月面を探査する。計画の実行に向け、KDDIなど新規株主を引受先とする第三者割当増資を完了した。

 アイスペースはロボットによる世界初の月面探査レースに参加する宇宙ベンチャー。産業革新機構や日本政策投資銀行、TBSホールディングスなどからの増資を完了。12月末時点で資金調達総額は101億5000万円となる。この資金調達により月面探査ミッションを始める。資金は月着陸船などの開発などに充てる。

 袴田CEOは「月面の資源探査を高頻度で行えるように、必要な輸送システムを構築していきたい」と将来の展望を語った。

日刊工業新聞2017年12月14日

穂川 果音

穂川 果音
12月14日
この記事のファシリテーター

以前、アイスペースさんを取材に行った際、開発に携わっている方に「月にうさぎはいると思いますか?」と質問すると「いると思います!」と答えてくださったのがとても印象的でした。まだまだ解らない事が多い月面。当たり前ですが、研究や開発は続けなくては結果を出すことが出来ません。これから開発が進む事によって新しい発見があり、沢山の方にステキな夢をもたらしてくれるのではないかと期待しています!

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。