京都旅行でロボホン貸し出し

JTB西日本が旅行商品発売

  • 0
  • 0
ロボット型携帯電話「ロボホン=写真」
 JTB西日本(大阪市中央区、光山清秀社長)は、京都でシャープのロボット型携帯電話「ロボホン」を貸し出す旅行商品「RoBoHoNと行く『ロボ旅』(京都)」を15日に発売する。2018年1月5日から3月30日の首都圏発の2日から3日間の旅行。価格は大人が2万4800―3万3800円(消費税込み)。1000人の利用を目指す。

 ロボホンが位置情報や施設に設置したビーコン(無線標識)に反応し、観光地の見所や順路、店舗の説明などを音声で案内する。英語と中国語の翻訳アプリケーションも搭載。市内の飲食店や施設の計4カ所にもロボホンを設置し、英語と中国語で商品やサービスを説明する。

日刊工業新聞2017年12月13日

COMMENT

松井里奈
総合事業局イベント事業部
副部長

添乗員付きで集団で決まったルートを観光するのはいやだけど、旅のナビゲーターは欲しいという個人旅行客には良いサービスかもしれない。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる