成長曲線が見えた!太陽誘電がMLCC新工場で100億円投資

スマホや自動車向けで需要が増える

 太陽誘電は約100億円を投じて新潟県上越市に積層セラミックコンデンサー(MLCC)の新工場棟を建設する。2018年4月に着工し、同12月に完成して19年3月から本格稼働する予定。スマートフォンや自動車向けで需要が増えており、生産能力を増強してMLCCの安定供給につなげる。

 MLCCを生産する子会社「新潟太陽誘電」(新潟県上越市)の敷地内にある既存工場の隣接地に、3棟目の工場を建設する。建築面積は約1万5000平方メートルで、延べ床面積は約2万6000平方メートル。100人程度の従業員を新規に採用し、新工場棟に配置する予定。

 MLCCの需要は逼迫(ひっぱく)しており、増産する必要があると判断した。15年にも、ほぼ同様の生産規模で2棟目の工場を新設している。

 MLCCは汎用性が高く、スマホや自動車のほか、医療・ヘルスケアなどの市場でも引き合いが強い。MLCCは同社のほか、村田製作所やTDK、韓国サムスン電子などが生産しシェアを争っている。
 

明 豊

明 豊
11月14日
この記事のファシリテーター

 EVやスマホの無線急速充電でメリットを受けるだろう。車載電子機器市場は15年の19兆円から25年には32兆円に1・7倍に拡大するという予測があり、それを見据え独自の製品開発を行っている。車載用の大きな特色は、コンデンサーやインダクタでも高温、高電圧、振動という厳しい動作環境の中で大型、大容量かつ高い信頼性が求められること。太陽誘電では車載向け売り上げ構成比を16年度の6%から中期的に15%まで引き上げる計画だ。無線急速充電もスマホ関連の新しい成長領域で、充電回路周りの製品群が伸びも期待される。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。