日刊工業新聞の紙面、30年ぶりに題字やデザイン一新!今月29日から

1段の文字数を10文字に、最新の文字フォント(ユニバーサル・デザイン)も採用

  • 0
  • 0
 日刊工業新聞社は11月に創刊100年を迎えます。それに先駆けて日刊工業新聞の紙面が29日から大きく変わります。題字を含めた紙面デザインを30年ぶりに一新。1面から最終面まで統一感のある紙面とします。1段の文字数はこれまでの11文字から10文字とし、最新の文字フォント(ユニバーサル・デザイン)を採用、すっきりと見やすいものにします。

 同時に火曜日から金曜日の総合面を4面に拡大。話題のニュースを深く分かりやすく伝えます。株式相場表も3面に拡大、文字を大きく見やすくします。中堅・中小・ベンチャー企業報道をさらに強化するため「中小・地域経済面」と「モノづくり基盤・成長企業面」(火・木曜日)を新設します。ご期待ください。

日刊工業新聞2015年06月22日 1面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

ニュースイッチともども紙の新聞の方もよろしくお願いします。

関連する記事はこちら

特集