東京をもっと観光しやすく!ぐるなび・東急電鉄・東京メトロ、訪日客向けサイト構築

  • 0
  • 2
会見した滝ぐるなび会長(写真中央)、野本東京急行電鉄社長(同左)、奥東京メトロ社長(同右)
 ぐるなび、東京急行電鉄、東京メトロの3社は18日、訪日外国人向けに東京に関する多言語の観光情報サイトを2016年春に開設すると発表した。

 ぐるなびが蓄積してきたビッグデータと、東急電鉄、東京メトロが鉄道事業で培ったノウハウや信頼性を結びつけ、電車の運行情報や日本の文化を体験するための情報などを、リアルタイムで提供するサイトを構築する。
 ぐるなび、東京急行電鉄、東京メトロが核となり、全日本空輸、京成電鉄、京浜急行電鉄、東京空港交通、成田国際空港、東京都交通局、NTTブロードバンド・プラットフォームなども参画する。7カ国語で始め、観光客らの利用料は無料。新会社の設立も視野に入れる。

 会見した滝久雄ぐるなび会長は「地方創生にもつながる」、野本弘文東急電鉄社長は「リアルな事業展開と相まって付加価値を創造したい」、奧義光東京メトロ社長は「東京の魅力を発信するため、多くの方との連携が大事だ」と述べた。

日刊工業新聞2015年06月19日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

日本人でもその複雑さに戸惑うことも多い東京の鉄道網。ですがこれだけ公共交通機関が発達している都市は世界でも珍しいと思います。外国人観光客にとっても利用しやすくなればと思います。

関連する記事はこちら

特集