サミット、都内2店に歩く“コンシェルジュ”配置

お探しの品、おたずねください

  • 0
  • 0
コンシェルジュがご案内
 サミット(東京都杉並区、田尻一社長、03・3318・5000)はスーパーの店内を巡回して来店者が困っていることなどの相談に対応する専任の案内係(写真)の配置を始めた。
 
 3月に出店した東中野店(東京都中野区)に続き、6月10日に出店した小岩駅南口店(同江戸川区)に配置した。
 
 とくに小岩駅南口店は同店から0・5キロメートル圏内の住民に占める60歳以上の割合が32・5%と高く、きめ細かい対応につなげる。
 
 サービスカウンター内で待機し、相談や要望に応じるだけでなく、専任の案内係が店内を歩きまわることで、「探している商品が見つからない」「食材の調理方法が分からない」といった悩みを持つ来店者が相談しやすくする。東中野店と小岩駅南口店では、出店時にそれぞれ2人を配置した。
 
 サミットでは両店での効果を検証し、他店でも新規店舗や売り場面積が広い店舗などを中心に専任の案内係の配置を検討する。

日刊工業新聞2015年06月16日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

スーパーもついに百貨店並みのサービスが登場です。高齢者にはいいかも。

関連する記事はこちら

特集