外国人のみなさん、観光庁推薦の周遊パックでニッポンを堪能しませんか?

7ルートを認定し地方に訪日客を呼び込む。東北は「日本の奥の院・東北探訪ルート」

  • 0
  • 0
 観光庁は訪日外国人を地方に誘客するため、複数の都道府県をまたがった観光地をネットワーク化する「広域観光周遊ルート」の形成計画を、全国で7ルート認定した。テーマ性・ストーリー性をもった観光地を一つのルートとして海外へ積極的にアピールすることで、訪日を強く動機づけるのが狙い。東京や大阪などに集中している訪日外国人を地方にも呼び込む。

 認定したのは北海道、東北、中部、関西、瀬戸内、四国、九州の7ルート。東北は「日本の奥の院・東北探訪ルート」で、東北の歴史文化や食を探訪するルートとして、八甲田や十和田、田沢湖、松島、蔵王などが主な観光拠点となっている。台湾や香港の個人旅行者を主なターゲットとし、今後、国の支援などを受け、マーケティングやプロモーションを進める。

 九州は「温泉アイランド九州広域観光周遊ルート」で、阿蘇や黒川、鹿児島などの温泉地を組み込んでいる。JR九州などが中心となって、認可を受けており、九州への訪日外国人数を2012年の105万人から、18年には288万人に引き上げることを目指している。

日刊工業新聞2015年06月17日 建設・エネルギー・生活面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

最近はルートに乗っからず、あまり知られていない所に行きたい人たちが多い。観光庁なので観光産業側の視点が強いのだろうけど。

関連する記事はこちら

特集