セブン―イレブン、調理器材の洗浄機導入。作業3分の1に短縮

コンビニ店内の業務、何から省力化すればいいか?

パナソニックとローソンが設置を進める次世代型コンビニの完全自動セルフレジ機「レジロボ」

 セブン―イレブン・ジャパンは3月以降に、おでんや中華まん、揚げ物といった店舗のカウンターで扱う商材の調理に使う器材の洗浄機の導入を始める。洗浄に要する時間は、現在の約3分の1に短縮できる見込みだ。2018年2月期中に約2万ある全店に設置し、従業員のストレスや作業量の軽減を目指す。  小売業は人手不足が課題となっている。コンビニエンスストアのセブン―イレブンは、店舗の床の素材をプラスチックタイルから、より曇りにくいセラミックタイルに張り替え、清掃時間を従来比4分の1程度にした。  機械やITの導入でレジなどの作業の省人化につなげ、従業員が接客などに集中できるようにする動きが相次いでいる。ローソンは自動で精算と袋詰めをする「レジロボ」を、18年2月末までに10店舗強へ導入する。レジロボの導入で、従業員の作業量は1割程度軽減できると見込む。  食品スーパーマーケットなどで組織する日本スーパーマーケット協会は、売り場からレジをなくす可能性を検討している。10月以降に実証実験をする予定だ。川野幸夫会長(ヤオコー会長)は「スタッフが1時間でこなすマンアワーの2割がレジ業務。生産性向上のためにもレジレスを進めるべきだ」と話す。  人手不足を背景に、人件費も上昇している。リクルートホールディングス(HD)がまとめた三大都市圏のアルバイト・パートの平均時給は、16年12月にコンビニスタッフが前年同月比3・0%増、レジ業務が同2・7%増となった。

続きを読む

特集