ルネサス、熊本工場を22日に全面稼働

「出荷ベースで震災前のレベルに戻るのはもう少し先」

震災前の熊本工場

 ルネサスエレクトロニクスは10日、熊本地震で被災した生産子会社のルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング川尻工場(熊本市南区、写真は被災前)で、22日をめどに震災前の生産能力に復帰させると発表した。すでに一部工程は4月22日に生産を再開した。現状で復旧を阻害する大きな要因がないことから、早期の全面稼働を目指す。  半導体の素材となるウエハーの投入枚数を、震災前と同等に戻す。各工場の耐震性強化など、東日本大震災を受けてより強固に策定した事業継続計画(BCP)が、早期の生産能力復帰につながった。一方、生産工程が多く完成品になるまでは時間がかかるため「出荷ベースで震災前のレベルに戻るのはもう少し先」(広報部)となる。

続きを読む

特集