動産金融は根付くのか

東京スター銀行の商用車担保ローン、 融資件数右肩上がり

商用車担保ローンの実行累積件数

 東京スター銀行は動産・債権担保融資(ABL)を積極化する。所有する事業用トラックなどを担保にできる「商用車担保ローン」の2016年3月末の実行累積件数は、年度計画の150件を超えそうだ。小口の売掛金をまとめて担保にできる「売掛債権担保ローン」もグループ全体での顧客数を15年12月までに14年3月に比べて約6割伸ばした。小回りが利く地域金融機関の特徴を生かして、中小企業の資金需要を取り込む。  「商用車担保ローン」の貸出金額は、14年度までは500万―1000万円が多かった。15年度は従来よりも小口の融資も積極的に取り扱いを始めたことで、期初計画の120件を150件に引き上げたが、12月末で144件まで伸びている。中小零細の運送業や建設業では、人手確保のための人件費高騰などで資金需要が高まっている。「東京五輪までは現在の引き合いが続くのでは」(同行担当者)。  売掛債権担保ローンも好調で「来年度以降も同様の伸びが期待できる」(同)。同行や子会社の東京スター・ビジネス・ファイナンスが手がける売掛債権担保ローンは、15社以上の継続的な小口多数の売掛債権を担保として評価し、運転資金を提供する。卸売を中心に製造、運送などの事業者の利用が多い。  ABLは不動産などの担保がない企業でも融資を受けやすく、ベンチャーや中小企業は資金調達を多様化できる。金融機関も新たな融資先の開拓につなげられる。

続きを読む

特集