雪でサーバー冷やせ!−北海道美唄市などが「ホワイトDC構想」

廃熱で植物栽培も

実証試験施設(現地視察会)

 北海道美唄市や雪冷房の設計を手がける雪屋媚山商店(札幌市北区)などは、雪の冷熱エネルギーでコンピューターサーバーの冷却費用を削減する「ホワイトデータセンター(WDC)構想」を進める。美唄市の空知団地内に実証試験施設を建設したほか、北海道立総合研究機構(道総研)と研究開発に関する協定も結んだ。北海道庁も部署横断の支援チームを創設しており、WDC構想の実現に向けて大きく前進した。    実証試験施設は除雪・排雪を集めて貯蔵した雪山を活用し、高効率熱供給システムを研究開発する。延べ床面積はデータセンター棟と機械設備棟で約148平方メートル。共同通信デジタル(東京都港区)とテコラス(同新宿区)のサーバー計174台を設置した。    近くに除排雪約1000トンを盛り上げた雪山を設け、断熱材としてチップ材などで覆い、屋外で保管。雪が冷水となり、地下の配管を通じ、施設内の空調機から冷気となって室内を冷やす仕組みだ。このほど現地視察会を実施し、東京のデータセンター関連企業などから約50人が参加した。    WDC構想は、従来は廃棄していた雪をサーバーの冷却に使用する一方、サーバーの廃熱を植物栽培や魚介類の養殖に活用する計画。    このため企業誘致だけでなく、地域活性化や新産業創出も期待できる。今後、隣接する土地に植物工場などを建設し、サーバーの廃熱を活用する試験にも取り組む予定だ。    道総研は2015年度からの第2期中期計画で、地域に分散した資源エネルギーを有効活用するための研究開発に重点を置く。美唄市の取り組みがこの方針に合致し、協定につながった。具体的な支援は今後詰めるが、高橋幹夫美唄市長は「技術的な助言だけでなく、パートナーとして連携・協力してほしい」と話す。    同構想は14年に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「再生可能エネルギー熱利用技術開発」に採択。15年5月には道庁が総合政策部や経済部など部署横断的にWDC支援チームを発足させた。

続きを読む

特集