忘年会は2時間以内がちょうどいい

シチズン時計が意識調査を実施

シチズン時計が実施した忘年会や年末行事に関するビジネスパーソン向けの時間意識調査によると、仕事上の付き合いでの忘年会に対して、90.6%が1次会は2時間以内が適していると回答。2次会を含めても2時間以内が適当と回答した割合が60.1%を占めたことから、2次会への参加は消極的な傾向が明らかになった。時間意識調査で忘年会や年末行事に関する調査は初めて。生活様式やコミュニケーションの変化が読み取れる機会として忘年会に注目した。調査では約4人に1人が20時より前から帰宅の時間を気にしていることや、88.3%がビジネス関連の忘年会は1回以下に済ませたいと考えていることが分かった。 年末行事に関する意識調査では、クリスマスや年賀状の準備などについて調査。クリスマスプレゼントの購入時期については、クリスマスの1カ月―1週間前までに用意するという人が全体の半分を占めた。購入予定はないと回答した人は37.5%だった。年賀状の用意は12月中旬以降に書き始める人が42.6%を占めたが、そもそも書かないという人も33.0%に上った。 調査は10月15―16日にインターネット上で実施。20―50代以上の男女各200人、計400人が回答した。

続きを読む

特集