"ものづくり補助事業"に取り組む事業者の販路開拓・拡大をサポート!

全国中央会、ものづくり補助事業展示商談会を大阪・東京で開催

前回の東京会場風景

 全国中小企業団体中央会は11月6日から大阪で、12月4日から東京でそれぞれ3日間、ものづくり補助事業展示商談会「中小企業新ものづくり・新サービス展」を開催する。応募は2012―17年度の補助事業者が対象となる。出展申し込みは7月5日まで。  本展示商談会は、ものづくり補助事業に取り組んだ事業者が、ものづくり補助金を活用して開発した新しい製品・サービス・技術等(補助事業の成果)を展示し、販路開拓・拡大支援を目指すものである。  大阪は『インテックス大阪(大阪市住之江区)』で、東京は『東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区)』での開催となる。出展対象は情報・通信、電機・電子部品、機械・部品、環境・建設・エネルギー、化学・繊維・紙、医療・生活・ヘルスケア、農林水産・食品、物流・サービス・その他の8分野。大阪会場は631ブース、東京会場は593ブースの募集枠となり、抽選により、いずれかの会場で1社1小間を割り当てる。  また、出展者には販路開拓に向けた勉強会が用意されるなど、出展に向けたサポート体制が充実している。出展に関する問い合わせは同展運営事務局(03・5644・7230)へ。 ■公式WEBサイト

続きを読む

特集