新年の挨拶が変わった?電機も機械も…企業トップがSDGs言及

2019TOP年頭語録より

アドバンテスト・吉田芳明社長  半導体の重要性が大きくなり、事業を拡大すると社会課題の解決に一層貢献できる。持続可能な開発目標(SDGs)が目指す方向と同じだ。当社の戦略にSDGsを組み込んでいきたい。 JX金属・大井滋社長  SDGs(持続可能な開発目標)の達成に必要不可欠なIoT・人工知能(モノのインターネット・AI)の分野では、高機能・多機能素材が使われる。当社グループにとり飛躍のチャンスだ。 日立造船・谷所敬会長兼社長  成長へのスタートを切る年にしたい。事業を通じ国連の持続可能な開発目標(SDGs)を含む社会問題の解決に取り組み、ビジネスチャンスの獲得と役職員の働きがいの向上につなげる。 滋賀銀行・高橋祥二郎頭取  「課題解決型金融情報サービス業」へ進化を目指す。国連の持続可能な開発目標(SDGs)を企業行動につなげ、当行が持つ情報・ネットワークで地域の社会的課題を解決する。 関西経済連合会・松本正義会長  中期計画に掲げた「グローバル/アジア」や「スポーツ」などの事業を通じ、2025年国際博覧会(万博)の成功に全力を尽くす。国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する。 日刊工業新聞社では、ニュースイッチに掲載したSDGs関連情報を集めるフェイスブックを始めました。順次更新し、さまざまな企業の事例を紹介していきます。ぜひ登録して、のぞきに来て下さい。

続きを読む

特集