雑草を踏んで、成長を抑制する小型ロボ

フィールド開発が2019年発売

地面の鉄製ケーブルをたどり本体が移動し、草の成長を抑制する

 フィールド開発(宇都宮市、山口直信社長、028・902・8670)は、雑草を踏みつけて成長を抑制するロボット「グラプレス」(仮称)の試作機を完成した。搭載する小型太陽電池で発電して動く。2019年春にも発売する。価格は70万円(消費税抜き)。月5万円からリースも用意する。初年度20台の提供を目指す。  グラプレスは縦125センチ×横80センチメートル、重さは約60キログラム。先端の金属センサーで敷地内に張った鉄製ケーブルを認識して移動する。主に太陽光発電施設での使用を想定する。  雑草は刺激を与えるとエチレンを生み、エチレンが成長を抑えるとされる。この特性を生かし、本体や先端の鉄板で雑草を踏みつけて成長を抑える。  さらに、グラプレスの先端の地上高10センチメートルの位置にナイロン製の草刈り刃を二つ装備し、雑草を刈りそろえる。山口社長によると「雑草を一定の長さにし、整備後の見た目をきれいにする」という。  グラプレスの動力は135ワットの小型太陽電池。毎時40アンぺアの蓄電池を二つ積み、無給電で走行する。太陽電池の給電なしでも1日1時間の走行で約1週間は動く。速度は分速5メートルまでを調整でき、タイマー機能で任意の時間に動かせる。  本体の先端と後尾に超音波センサーを搭載して安全を確保した。進行方向80センチメートル以内の障害物を検知し、動作を停止する。  ぬかるみなどでは走行が難しいため、雨滴センサーで雨天時には稼働しないようにする方針。ナイロン製の草刈り刃はオプションで最大四つまで追加できる。ロボットの進路になるケーブルは1メートルあたり300円(消費税抜き)で同社が敷設する。

続きを読む

特集