ホンダ、クルマ工場のメガソーラーの電力をファミレスに販売

EV充電器も店舗に設置。お店情報もクルマに配信

寄居工場のメガソーラーの電力を購入するとんでんの店舗

 ホンダはファミリーレストランを展開するとんでん(さいたま市南区)と、エネルギーや移動を効率化する取り組みで協力する。ホンダ埼玉製作所寄居工場(埼玉県寄居町)で発電した電力を関東のとんでん店舗に供給するほか、店舗への電気自動車(EV)充電器の設置などを行う。ホンダはスマートコミュニティー関連の実証事業などで企業や自治体と連携を増やしており、実用化や普及につなげる。    ホンダが寄居工場に設置している太陽光発電の出力は2・6メガワット。ホンダは電力を新電力(PPS)企業に販売し、昨年末からとんでんがPPSを通じて寄居工場発電分の全量を買い取り、関東の約90店舗で消費する電力の一部として使用している。さらに今夏からホンダ製のEV用充電器を数十店に設置し、運用を始める。  とんでんは再生可能エネルギーの利用などで顧客に向けて付加価値を提供したいニーズがあった。  またドライブのルート上のおすすめ飲食店を教えるキュレーション型テレマティクスサービス「ロードヒンツ」に、とんでんの情報も載せる。「北海道発のレストランで、食材などにこだわりがある」(ホンダ)。  エネルギー利用や移動を効率化するスマートコミュニティーを実現するには車だけでなく多様な技術が必要なため、ホンダでは異業種やサービス利用者、自治体などとの連携を広げている。超小型EVは都市や観光地、離島のそれぞれでの利用を想定し、さいたま市と熊本市、宮古島市で実証事業を実施。家庭での使用エネルギーの低減では東芝や積水ハウス、最近では大阪ガスとの実証も始めた。またこうした技術を太平洋の島国など海外にも紹介している。  2016年3月の新型燃料電池車(FCV)の発売を控え、今期はFCVや水素ステーションの普及に向けた取り組みを強化していく。 ※「スマートコミュニティJapan2015」が6月17日開幕します(会場=東京ビッグサイト)パネルディスカッションではホンダも登場!詳しくは 

続きを読む

特集