スズキが「ジムニー」改良、向上した性能は?

  • 0
  • 0

スズキは軽4輪駆動(4WD)車「ジムニー=写真」と小型4輪駆動車「ジムニー シエラ」を一部改良し、7月20日に発売する。価格はジムニーが155万5400―190万3000円(消費税込み)。ジムニー シエラが186万3400―208万4500円(同)。

5速手動変速機(5MT)車に、2輪駆動(2WD)での走行時のみ停車時アイドリングストップシステムが作動する機能を追加した。これにより、WLTCモード燃費はジムニーが1リットル当たり16・6キロメートル(現行車は16・2キロメートル)、ジムニー シエラが同15・4キロメートル(同15・0キロメートル)にそれぞれ向上した。同機能の搭載に伴い、一部インパネスイッチのレイアウトなどを変更した。

日刊工業新聞2022年6月28日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる