“着るエアコン”が進化した 、冷涼感を高めた改善ポイント

富士通ゼネラルがレンタル提供

  • 0
  • 2
「コモドギアi2」改良版をリュックに入れて背負った状態の前側(左)と後ろ側(右)

富士通ゼネラルは、首に取り付けると暑さや寒さを和らげる働きをする“着るエアコン”「コモドギアi2」の冷却機能を高めた改良版をレンタルで提供する。頸(けい)動脈付近を重点的に冷やす構造から、首の周りを広範に冷やす仕組みに変えて涼感を高めた。工事現場や倉庫、工場などの暑さ対策用に売り込む。料金は1カ月で1台1万円(消費税込み)。6―9月の4カ月間で前年同時期の3倍の受注を見込む。

コモドギアi2は熱を吸収または放出する半導体素子「ペルチェ素子」の働きで、首の辺りを流れる血液を冷やしたり温めたりして、体温の上下動を抑える携帯型の冷却・加熱装置。頸動脈部と首の後部に触れる3枚の冷却・加熱板のうち、後部の冷却能力を高め、首の広い範囲をまんべんなく冷やす仕組みに改めた。

バッテリーやラジエーターの装着方法も改良し、腰のベルトに取り付ける従来方法に加え、フルハーネスに装着したり、専用のリュックで背負ったりもできるようにした。作業の内容に応じ、負荷が小さい装着方法を選べる。バッテリー切れ対策として、予備のバッテリーも提供する。

同装置は外気温の影響を避けるため、携帯型で初めて水冷方式を採用し、冷却効果を高めた。この点が評価され、2020年の事業化から250社以上の納入実績がある。

日刊工業新聞 2022年5月26日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる