「産業貢献賞」を受賞、AGCの燃料電池用溶液の実力

  • 0
  • 3
AGCの燃料電池用電解質ポリマー溶液

AGCの燃料電池用電解質ポリマー溶液の製品群が、燃料電池開発情報センターの2021年度「産業貢献賞」を受賞した。燃料電池の開発と関連産業の振興に対する功績が評価された。

同製品はAGCグループが食塩電解事業で培ったイオン交換膜技術をもとに開発したフッ素系電解質ポリマー溶液。従来のフッ素系ポリマーに比べ、耐久性やコスト低減効果が高く、自動車用燃料電池の電極や電解質膜に使われている。

電極向け用途では、触媒として使う白金の使用量を大幅に減らし、トヨタ自動車の燃料電池車である第2世代の「MIRAI」などに採用された。

日刊工業新聞 2022年5月19日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる