「絶対にやめない」ー絶好調・富士重、来年の社長交代はあるか?

吉永氏は歴代社長と同じ就任期間5年になるが・・

  • 0
  • 0
吉永社長
 富士重工業の吉永泰之社長(61)は2016年6月で就任丸5年となる。直近の歴代3社長がともに就任丸5年で交代しているだけに去就が注目されるが、自身は「絶対にやめない」と公言する。同社は次世代車台を採用して主力車を順次刷新する計画で、第1弾の次期「インプレッサ」を16年末に発売する。同社の成長継続は一連の主力車刷新にかかっており、これを見届けて17年以降の交代となる可能性がある。

 ※日刊工業新聞では各業種ごとにトップ人事の予想を掲載しています
<その他も日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

<関連記事>
絶好調、富士重が個性を見失った時期にたどり着いた答えー吉永社長が明かした苦悩、そしてこれから
http://newswitch.jp/p/2823

日刊工業新聞2015年12月24日「トップ人事を占う」

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

業績好調の時こそ交代しやすいのも事実。あとは前任者の就任期間を超えてまでなかなかやりにくいのもある。最近ではLIXILが後任社長にモノタロウ会長の招聘を発表するなど外部から登用するケースも増えている。そのほかでは東芝、シャープなど経営不振企業の人事にも注目。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる