高音質の決め手は「マグネシウム」 スマートフォン用無電源スピーカー

【グッドファクトリーショップ #3】  マクルウ「バイオン-Mg 60」

  • 1
  • 2

「バイオン-Mg 60」(以下バイオン)はマグネシウム製のスマートフォン用無電源スピーカーだ。使用方法は上部に空いた長方形の穴にスマートフォンを差し込み、音楽再生するだけ。 マグネシウムの持つ高い振動吸収性とそれを最大限に生かす設計で、鮮明な音が響く。

モノづくりの面白さ・技術のカッコよさに出会える「グッドファクトリーショップ」開催!

【マグネシウムへの挑戦】

バイオンの開発・製造を手がけたのは、マグネシウム合金の引抜き加工を始めさまざまな加工を行う(株)マクルウ。同社の設立は2010 年。安倍雅史社長がそれまで操業していた鉄の引抜き加工メーカーを譲渡し、立ち上げたベンチャー企業だ。
 創業当初はマグネシウム加工技術の開発を進めていたが次第に安倍信貴常務取締役を中心に盲導犬のハーネスや、高齢者用の杖などの、マグネシウムの軽さに着目した製品開発の話がふえ、順調に業績を伸ばしてきた。

【きっかけはターンテーブル】

そんな中アナログレコード用ターンテーブルの一部品である「トーンアームパイプ」をマグネシウムでつくって欲しい、という注文が舞い込んだ。ディスクに落とす針を支える細いパイプのことで、振動吸収性が高いマグネシウムで製造すれば高音質が期待できるという。「軽い」以外の新たなマグネシウムの特性を再認識した安倍常務はこれを機会に音に関連した製品をつくってみようと思いついた。
 アイデアをめぐらせるうち、頭に浮かんだのは「iBamboo」と呼ばれる製品だ。切り出した竹筒の上部にアイフォンを差し込む穴が空いており、音楽を再生すると竹筒の中で音が反響し、大きく聞こえるというシンプルな無電源スピーカーだ。あの形で材料にマグネシウムを使用すればさらに良い音が出るのではないか、と安倍常務は考えた。

【300 g のスピーカー】

2016 年12 月にクラウドファンディングに挑戦、2 カ月で目標達成率420%、276 人の支援者から210 万円の資金調達に成功。しかし苦労したのは構造の見直しだった。スピーカーとなる筒を長くし、板厚を太くすればそれだけ重厚で大きな音が響く。しかし、無電源スピーカーの利点は「どこでも使える」ところ。持ち運びのできる軽さで、なおかつ質のよい音が出る、という「ちょうどよさ」を見極めるのに苦労した。試作を重ねる過程で正面に穴を2 個所空けるとより音が響くことも発見した。

無電源スピーカーの利点は「どこでも使える」こと
 完成したスピーカーの総重量はわずか300 g。音が“倍になる”という意味をこめて「バイオン」と名づけ、開発にとりかかった。

2017 年6 月には通販サイトを通じて一般への販売も開始した。フィリップモリス(Marlboro)のキャンペーンの景品や富士宮市の「ふるさと納税」の返礼品などにも採用され少しずつ認知されてきている。今後はさらなる海外販路拡大を目指す。

スピーカーの総重量はわずか300 g

商品情報

シリーズ名:バイオン-Mg60
商品名:バイオン-Mg60
用途:スマートフォン用無電源スピーカー
サイズ(mm):W360×D60×H63
価格(税込):9,680円
販売サイトURL:マグネシウム製品&マグネシウム素材専門サイト「マグネヤ」(マクルウ運営)

企業紹介

株式会社マクルウ MACRW
所在:静岡県富士宮市山本286-1
従業員数:7名
主な製造品:福祉機器・ドローンなどの関連部品、マグネシウム合金パイプなどの冷間引抜き及びパイプ曲げ・溶接など各種二次加工、マグネシウム合金製製品の企画・製作など

マグネシウム合金の冷間引き、曲げ加工、溶接などが得意技術。マグネシウムは、「実用金属」(モノづくりに使われる金属)の中でも最も軽い金属。1円玉にも使用されるアルミニウムの三分の二程度の重さしかなく、比強度はほかの金属よりも上。「軽くて頑丈な」製品を作るのに最適な素材となる。しかし、反面マグネシウムの加工は難しく、同社のように複数の加工を1社内でこなせるメーカーは少ない。現在、軽さと頑強さ両方が必要とされる「ドローン」や、競技用車いすのパイプ(パラリンピックなどでも使用)の製造を手掛け注目を集めている。

ポップアップストア情報

日本のモノづくり企業の技術と知恵、センスとギミックが詰め込まれた、「グッド」なmade in 工場の製品を紹介するショップ「グッドファクトリーショップ」にて、実物を見て、触って、購入できます!

「グッドファクトリーショップ at 渋谷」
日程:2022年1月21日(金) 、22日(土) 10:00~20:00
場所:渋谷 道玄坂 hotel koe(東京都渋谷区宇田川町3−7)
入場料:無料

「グッドファクトリーショップ at 東京ビッグサイト」
日程:2022年3月9日(水)~ 12日(土)10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト(国際展示場)(東京都江東区有明3-11-1)
入場料:事前登録制 来場登録はこちらから(2022年1月下旬から来場登録受付開始)


展示会スポンサー


 

 

一般社団法人日本工作機械工業会
 https://www.jimtof.org/

 

株式会社ソディック
 https://www.sodick.co.jp/

 

シチズンマシナリー株式会社
 https://cmj.citizen.co.jp/

 

碌々産業株式会社
 http://www.roku-roku.co.jp/

 

株式会社アマダ
 https://www.amada.co.jp/ja/

特集記事

優れた技術力で作られた「グッド」な商品を紹介するストア、東京ビッグサイトに登場! (2022年03月01日公開)
初心者でもアウトドアを楽しめる!折りたたみ式焚き火台 (2022年01月11日公開)
段ボールオープナー、栓抜き…6つの機能を実現した技術とは (2022年01月12日公開)
高音質の決め手は「マグネシウム」 スマートフォン用無電源スピーカー (2022年01月13日公開)
金属3Dプリンターが実現した「編み込み」デザインの高級盃 (2022年01月14日公開)
なぜ「金属3Dプリンタは産業構造を変える可能性がある」のか? (2022年01月17日公開)
薄さわずか2mmのアルミテーブルを実現する「裏側」の秘密に迫る (2022年01月18日公開)
渋谷で突然「モノづくり」に出会う体験を。入社10年未満の社員たちが、ショップを立ち上げたワケ (2022年01月20日公開)

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる