ドローンと自動運転車を協調制御、KDDIが「ビヨンド5G」時代へ基盤開発

  • 1
  • 3
写真はイメージ

KDDI、アイサンテクノロジーは、第5世代通信(5G)の次の世代「ビヨンド5G」(6G)に向け、飛行ロボット(ドローン)と自動運転車を協調制御する基盤の研究開発を始めると発表した。ドローンや車の運行情報を収集、分析し、衝突回避や経路選択により物流や人の移動を最適化する。2022年度以降に実証する。

 

ドローンと自動運転車の位置情報を連携し、自律運転の基となる3次元(3D)地図を統合した基盤を開発する。一つの基盤で運行情報や積み荷、気象、道路情報を収集し、ビヨンド5Gによる超低遅延で遠隔監視。収集した運行情報などを基に配送方法を指示する。「空飛ぶ車」の実用化を見据え、衛星通信を組み合わせたビヨンド5G網の構築に向けた開発も行い、空を含めた全ての場所をカバーできるようにする。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、オンラインイベント「失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリベンジを目指して〜」を開催します。
本セミナーでは、特集「AIは幻想かー導入現場のリアル」の執筆を手がけた、AI開発スタートアップLaboro.AIの代表取締役CTO 藤原弘将氏が、製造業の代表的なAI導入ケースである異常検出、需要予測、故障予知、安全管理、工程スケジューリングをテーマに取り上げ、それぞれのアンチパターンを紹介し、AI導入プロジェクトを成功に導くためのヒントを提供します。

2021/10/20(水) 14:00 ~ 15:30
<<申し込みはこちらから>>
参加料:¥7,700(税込)
申し込み締切 2021年10月19日(火)12:00

【連載】AIは幻想か―導入現場のリアル

日刊工業新聞2021年10月15日

キーワード
ドローン 自動運転

関連する記事はこちら

特集