積水ハウスが東大工学部に新設した新教育拠点を通して作りたい新たな住まい

  • 2
  • 1
東大本郷地区キャンパス(東京都文京区)工学部1号館4階に新設した「T-BOX」の内部

積水ハウスは、国際建築教育拠点として、東京大学工学部内に研究施設「T―BOX」を開設した。産学連携で「未来の住まいのあり方」を研究する場として、最新のデジタル技術を活用し、住宅のイノベーション実現を目指す。施設デザインは日本の建築家、隈研吾氏などが担当した。

研究施設には、3Dプリンターやコンピューター数値制御(CNC)加工機などを導入。建築図面や模型を3Dスキャンによりデジタル化し、歴史的な建築技術を保存・継承し、教育に生かす取り組みも行う。国内外の研究者や企業、建築学科内外での連携を促し、次世代の建築人材育成を目指す。

同社は人生100年時代に求められる、人とのつながりや健康に寄り添った住宅を模索する中で「デジタルと伝統を結びつけた新たな住まいをつくりたい」(仲井嘉浩社長)とする。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、オンラインイベント「失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリベンジを目指して〜」を開催します。
本セミナーでは、特集「AIは幻想かー導入現場のリアル」の執筆を手がけた、AI開発スタートアップLaboro.AIの代表取締役CTO 藤原弘将氏が、製造業の代表的なAI導入ケースである異常検出、需要予測、故障予知、安全管理、工程スケジューリングをテーマに取り上げ、それぞれのアンチパターンを紹介し、AI導入プロジェクトを成功に導くためのヒントを提供します。

2021/10/20(水) 14:00 ~ 15:30
<<申し込みはこちらから>>
参加料:¥7,700(税込)
申し込み締切 2021年10月19日(火)12:00

【連載】AIは幻想か―導入現場のリアル

日刊工業新聞2021年10月15日

キーワード
積水ハウス 東大

関連する記事はこちら

特集