ホンダ「スーパーカブC125」に新エンジン。向上した性能は?

  • 0
  • 0

ホンダは、原付き2種の2輪車「スーパーカブC125=写真」に環境性能を向上したエンジンを搭載し、27日に発売する。エンジンの圧縮比を高めロングストローク化することで、最高出力と燃費の向上を両立させるとともに、最新の排出ガス規制に適合した。消費税込み価格は44万円、国内での販売計画は年間2500台。

足回りには、1チャンネルABS(車輪ロック防止装置)を標準装備した。色は、初代モデルのイメージを踏襲した「パールニルタバブルー」と、鮮やかな「パールネビュラレッド」の全2色。

【オンラインセミナー開催】『SDGsビジネス戦略 ~2030年に向けて日本企業はいま何をすべきか』

日刊工業新聞2021年9月24日

関連する記事はこちら

特集