揺れる東芝「屋台骨・半導体」は大丈夫か

大幅下方修正で財務基盤が悪化!?NANDフラッシュの世界一戦略に影響も

  • 0
  • 0
新製造棟では最先端のフラッシュメモリーが量産される(第5製造棟クリーンルーム)
 東芝にとって半導体事業は、まさに屋台骨だ。昨年9月にはNAND型フラッシュメモリーの新棟が稼働、田中久雄社長も「需要がまだ伸びる見通しで成長を継続できる」と期待を寄せていた。不適切会計が明るみに出る前に公表した2015年3月期連結決算予想では、同事業を中心とする電子デバイス部門の営業利益は2260億円、全社営業利益の68.5%に達する。
 
 16年3月期は、半導体事業の存在感がより一層高まりそうな雰囲気があった。スマートフォンなどに搭載されるNAND型フラッシュが堅調さを維持していることに加え、赤字に苦しんできたシステムLSIとディスクリート(個別半導体)についてもようやく黒字化が見えてきていたからだ。
 
 昨年9月10日付の日刊工業新聞で半導体事業の成長戦略を掲載した。再び攻めに打って出ようとした矢先の今回の事態。不適切会計で1000億円を超える利益の下方修正となれば、財務基盤が一段を悪化し、今後の投資にも影響が出かねない。

NAND型フラッシュメモリー、新棟稼働で世界一が見えてきた!


 東芝がスマートフォンなどの記憶媒体として使うNAND型フラッシュメモリーの生産能力増強を急ピッチで進めている。米サンディスクと共同運営する四日市工場(三重県四日市市)で9日に新棟が稼働、今後も大規模な投資計画が控える。NANDフラッシュはスマホに加え、今後はデータセンター(DC)向けの需要増も期待される。技術開発で先行しながら業界2位に甘んじてきた東芝。市場拡大のタイミングを捉え、韓国サムスン電子の追い抜きを狙う。
 
 【スマホけん引−総投資1兆円規模】
 「NANDフラッシュの需要拡大に対応していく。日本の半導体産業は衰退していると言われるが、この四日市工場は世界一と自負している。競争を勝ち抜くため、今後も(半導体関連事業で)毎年2000億円規模の設備投資を継続的に行っていく」―。9日、同工場で会見した東芝の田中久雄社長は強調した。

 足元のNANDフラッシュ需要はスマホがけん引している。2011年に約5億台だったスマホの世界販売数は14年には2倍の10億台を超える見通し。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」など高機能モデルはNANDフラッシュの搭載容量が増大。また中国スマホメーカーが低・中級モデルで、新興国需要を開拓するのもNANDフラッシュの需要拡大につながる。

 「以前はブレーキに足をかけながらアクセルを踏んでいたが、3年前から東芝の投資姿勢は様変わりした」―。東芝の取引メーカー幹部はこう証言する。東芝は完全にNANDフラッシュの増産モードに入った。

 今回、稼働したのは第5製造棟の2期工事分。さらに四日市工場内で第2製造棟の建て替え工事にも着手し、16年度から量産に入る計画。これら二つの設備投資の総額は1兆円規模に膨らむ。さらに新工場設立のため、四日市工場の隣接地の取得も検討している。

 技術開発で勝って、シェア争いで負ける―。東芝はNANDフラッシュ市場でそう評されてきた。半導体の性能を左右する回路線幅の微細化やパッケージの小型化技術で先行してきたが、シェア争いで韓国サムスン電子の後じんを拝してきた。

 業界関係者によると第5製造棟の2期工事分と、第2製造棟のリニューアルが完了すると生産能力は25%向上するという。森誠一執行役常務セミコンダクター&ストレージ社メモリ事業部事業部長も「サムスンと拮抗(きっこう)するか、それ以上になる」と説明する。
 

日刊工業新聞社2014年09月10日深層断面に加筆

関連する記事はこちら

特集