風力・地熱発電所のアセスメント期間を半減する手法

NEDOがまとめる

  • 0
  • 3
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、風力発電所や地熱発電所の建設前に実施する環境影響評価(アセスメント)期間を半減する手法をまとめた。最も時間がかかる現地調査や地域への影響の予測・評価の判断材料を提供し、事業者が結果をまとめやすくした。風力と地熱発電は環境アセスの手続きに約4年が必要で、普及の妨げになっていた。

日刊工業新聞2018年4月12日

COMMENT

朗報である。従来、環境アセスメントでは現地調査と地域への影響への検討に時間がかかるものと諦めていた。 その期間を半減できるという。 是非、NEDOの開発した手法でアセス期間を縮めてほしい。

関連する記事はこちら

特集