簡素なカメラでドローンが自分の位置を1mm単位から把握

Kudanがシステム開発、建物内を飛行して点検向けなどに提案

 Kudan(東京都新宿区、大野智弘CEO〈最高経営責任者〉)は、独自の3次元画像認識技術を飛行ロボット(ドローン)の制御に使ったシステムを開発した。スマートフォン内蔵カメラのような安価で簡素なカメラでも1ミリ―1センチメートル単位で自己の位置を把握して飛行できる。簡単に利用できる特徴を生かし工場やプラントの点検、物流など幅広い業種へ提案していく。

 自己位置特定と環境地図作成を同時に行う画像認識技術「SLAM」を活用した。カメラ画像を基に周囲の3次元マップを作り、リアルタイムで自己位置を特定する。Kudanは単眼カメラなどローエンドの機器でも高精度で位置特定できる技術を持つ。一般的なSLAMは深度センサーなど大がかりな機器が必要になる。

 今回、建物内を飛行して点検などを行うドローンシステムを構築した。リアルタイムで周辺状況と自己位置を確認し飛行する。事前に登録した地図を使うケースと異なり、設備の変更や荷物の移動が頻繁にあっても円滑に飛行できる。

 スマホカメラなら静止状態で1ミリメートル、ドローンのように動く場合は1センチメートルの誤差で自己位置を把握する。複数のカメラを組み合わせるステレオカメラを搭載すれば、静止状態で0・1ミリメートル、動く場合は1ミリメートル単位での把握が可能だ。

明 豊

明 豊
07月21日
この記事のファシリテーター

KudanはAR(拡張現実)やVR(仮想現実)に使う画像認識技術を得意とする。今後はロボット関連へ技術の応用を進めるという。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。