広告制作向けイラスト・動画編集、外出先からスマホ操作で

ブラッシュアップがアプリ

 ブラッシュアップ(大阪市北区、水谷好孝社長)は、スマートフォンを使ってインターネットに掲載するイラストや動画を編集できるアプリケーション(応用ソフト)を30日に市場に投入する。コンテンツの管理者が外出先から編集できる強みを訴求する。パソコンを使って編集する類似のウェブサービスをゲーム制作会社などに提供しているが、こうした既存の顧客に加え、利便性を訴えて自動車・家電メーカーの広告制作部門などの新規分野を開拓する。

 ブラッシュアップが発売するアプリは、イラスト・動画のレビューツール「ブラッシュアップ」。米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」に対応する。米グーグルのOS「アンドロイド」版は2018年度に投入する。

 スマホやタブレット端末を使ってコンテンツを製作したり、動作を確認したりできる。多忙な管理者は社内にあるパソコンに縛られず、外出先から編集の指示や検証を手軽にできる。

 ブラッシュアップは、ソフトウエアやスマホアプリの開発などを手がけるフェンリル(大阪市北区)の子会社。イラストや動画の再生、書き込みなどを複数のユーザーとブラウザを介して共有するサービスを手がける。

 15年3月にフェンリルが同様のウェブサービスを開始して以降、約1700社が導入した。これまではイラストやゲームの制作会社などが中心だったが、今後は車や家電メーカーの広告制作部門向けにも展開する。また、スマホの写真や動画を撮影できる機能と連動。事故の発生現場や公共施設の破損状況、建築物の工事の進捗(しんちょく)など、現場の情報共有に使う用途にも広げる。

日刊工業新聞2017年8月29日

松井 里奈

松井 里奈
08月30日
この記事のファシリテーター

法人の広告制作部門をターゲットにしたアプリのようだが、アプリの値段と使い勝手次第では一般の人でも欲しがる人が居そうだ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。